さとみクリニック - トピックス

風しん予防接種費用の助成が始まります!


平素より さとみクリニックに格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
7月です。
関東甲信地方では2日ほど前、例年よりずいぶんと早い梅雨明けが発表となりました。
鹿児島はまだ梅雨の真っ最中なのですが、このところそれほどの雨に見舞われることもありませんね。
鹿児島の梅雨明けは例年7月の中旬の頃なのですが、他地域にならって少し早めの梅雨明け宣言となるのでしょうか?

さて、今回のトピックスでは、本日7月1日よりスタートいたします、風しん予防接種費用の助成制度についてご案内させていただきます。
以前より行っており、今回予防接種助成の条件にもなっている、風しん抗体検査の助成とあわせてご案内したいと思います。

 

風しんとは?
風しんは、発熱や発疹、リンパ節の腫れなど、風邪とよく似た症状を引き起こすウイルス性の疾患です。
感染しても上記の症状がまったく出ない方もいらっしゃれば、稀に重篤な合併症を併発される方もいらっしゃり、症状のみで風しんと判断することは困難ですが、基本的には治療に手こずる類の疾患ではないと言えるかもしれません。
ただ非常に大きな問題なのが、妊娠20週頃までの妊婦さんが感染した場合、風しんウイルス感染がお腹の中の赤ちゃんにもおよび、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなどの、「先天性風疹症候群」という病気にかかってしまうところにあります。
そのため妊婦さん自身はもちろんのこと、周りにいる方も風しんにうつらない、うつさないよう、十分に気をつける必要があります。

 

風しん抗体検査の助成について
まずはご自身の体に、風しんウイルスに対する抵抗力がどの程度あるのか、調べてみられることをお勧めいたします。

【対象となる方、なられない方】
○ 鹿児島県内に住民登録がある
○ 妊娠を希望する女性およびその同居者、妊婦さんの同居者
× すでに妊娠されている方(※妊婦さんの健康診査で、無料で受けられます)
× 過去に風しん抗体検査を受けたことがある方
× 風しんの予防接種を受けたことのある方
× 風しんにかかったことがある方

【本年度の実施期間】
平成30年 4月 1日 ~ 平成31年 3月31日

【助成額】
全額(※自己負担なし)

 

風しん予防接種の助成について
上記の助成を受けられる条件とは詳細が違いますので、ご注意ください。

【対象となる方、なられない方】
○ 接種日の時点で鹿児島市に住民登録がある
○ 今年度、上記抗体検査で抗体価が十分でないと判断された、妊娠を希望する女性、妊婦さんの同居者
× すでに妊娠している方や、その可能性のある方。妊娠を希望する女性の同居者

【本年度の実施期間】
平成30年 7月 1日 ~ 平成31年 3月31日

【助成額】
3,500円(※医療機関の設定した金額から、3,500円を差し引いた額が窓口でのご負担額となります)

【その他の注意事項】
・ 風しん単独ワクチン、麻しん風しん混合ワクチンが対象となります
・ 接種後、二か月間は避妊が必要です
・ お電話などでご予約の上、運転免許証や保険証、風しん抗体検査の結果通知書をご持参ください

 

今回ご案内いたしました予防接種の助成については、鹿児島市内にお住まいの方が対象となります。
医療機関様によって助成が受けられるところ、受けられないところがございますので、まずはお電話などでご確認ください。
他の地域でも、それぞれ自治体ごとに助成を行っている場合がございますので、まずはお住まいの地域の役場や保健所にご確認くださいませ。
みなさま、ご検討の程、よろしくお願いいたします。
それでは今回のトピックスは、以上とさせていただきます。
またお会いしましょう!