さとみクリニック - トピックス

  • HOME
  • > トピックス
  • > 風しん抗体検査のお知らせ(無料検査実施中!)。

風しん抗体検査のお知らせ(無料検査実施中!)。


平素より、さとみクリニックに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
突然の質問ですが、昨年の今頃のことを覚えていらっしゃいますでしょうか?
鹿児島で5月の末というと、既に外を出歩くと軽く汗ばむような陽気になっていたかもしれません。
ゴールデンウィークも終わり、6月の祝日のないカレンダーを眺めながら、早くも少し先の夏のお休みに焦がれていたかもしれません。
人それぞれに事情があり、青春の日々を愉快に、痛快に過ごされていた方。それほど変わり映えはしないけれど、穏やかに、幸せに過ごされていた方。中には思い返すのも辛い、険しい毎日をお過ごしだった方もいらっしゃるかもしれません。
そんな昨年の初夏の頃、世間を賑わし始めた一つのニュースがありました。
風しんの記録的大流行です。
本当に突然の予期せぬ事態にワクチンはどこも品薄状態になり、風しんの危険性や実際に被害に遭われた方は連日のようにワイドショーで取り上げられ、妊婦さんやそのご家族を不安の淵に陥れました。
その猛威はワクチンの増産がようやく追い付き始めた、夏の終わりの頃まで続いたと記憶しています。
そんな昨年の大流行を受けて鹿児島市では、風しん抗体価(風疹に対する免疫力)を調べる検査が無料で受けられる事業が始まっています(通常風しん抗体検査を自費で受けた場合、検査代だけで4,000円近く掛かります)。
今回のトピックスでは近年の風しんの状況や風しんが何故危険なのか、そのおさらいもあわせて、風しん抗体検査のお知らせをお送りしたいと思います。

風しん抗体検査のお知らせ

  • 未来の赤ちゃんを守りましょう!
    妊婦さん、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなどの「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。
    全国では平成24年10月から平成26年2月23日までの約一年半の間に、難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障がいをもった42人の先天性風しん症候群の患者様が報告されました(その他にも風疹との直接の関連性が証明できず、先天性風しん症候群として報告のなされなかった患者様も大勢いらっしゃることが予想されます)。
    42人という人数だけで見ると、昨年のあの大騒ぎのわりには少ないと思われるかもしれません。
    ここで実際にご自分の身の回りで先天性風しん症候群が起こった場合を想像してみてください。
    赤ちゃんは生まれてきてすぐに背負わなくても良いハンデを背負い、我が子の無事な誕生をただただ願った両親は嘆き悲しみ、その波は親族へ、友人へと、どこまでもどこまでも波及していくことでしょう。自分が原因なのではないかと、もはや確かめようのない自責の念に駆られる方もいらっしゃるかもしれません。もたらされる哀しみに際限はありません。
    妊婦さんはもちろんですが、妊婦さんの周りにいる方も風しんにかからないように気をつけて、未来の赤ちゃんを守りましょう。
  • 「抗体価」を調べてみましょう!
    平成25年には累計14,357件の報告があり、風しんが全数報告疾患となった平成20年以降で最も多い報告数となりました。
    今年に入ってからの一週間あたりの報告数は平成24年以前の水準に落ち着いていますが、風しんの流行には引き続き注意が必要です。
    平成24年から25年に全国で流行した風しんの傾向を見ると、男性は10代後半~50代前半、女性は10代後半~30代前半の年代が多く発病しています。
    また、昭和54年4月2日~平成7年4月1日生まれの男女は風しんの予防接種率が低く、昭和54年4月1日より以前に生まれた男性は子供の頃に定期予防接種の機会がなく、風しんの抗体を持っていない方が多いと言われています。
  • 対象者
    鹿児島県にお住まいの方で(県内在住であれば、鹿児島市外の方も対象となります)
    ● 妊娠を希望する女性
    ● 妊娠を希望する女性の同居者
    ● 抗体価が十分でない妊婦の同居者
    ※ ただし、次の方々は除きます。
    ・ 既に妊娠している方(妊婦の健康診査で無料で受けられます)
    ・ 過去に風しん抗体検査を受けたことがある方
    ・ 風しんの予防接種を受けたことがある方
    ・ 風しんにかかったことのある方
  • 検査の結果「抗体価が低い」と言われた場合は?
    風しんの抗体価が低い方は風しんに感染するおそれがありますので、感染予防に努めましょう。
    ワクチン接種も有効な予防手段ですので、予防接種を受けることをお勧め致します。
    ※ 予防接種法に基づかない任意の接種となるため、有料となります。


その他、ご不明な点などございましたら、お気軽に当クリニックまでお尋ね下さい。