さとみクリニック - はじめて受診される方へ

産婦人科ってコワイ?

message.jpg

message1.jpg


産婦人科の受診には、いまだに抵抗のある方も多いのではないでしょうか。

「普段、人には見せないところを見られるのは恥ずかしい」「どんなことをされるのか不安だし、痛い検査があったらどうしよう…」「プライベートなことまでいろいろ聞かれるのはイヤ!」などなど、受診が躊躇われる理由を挙げていくとキリがありません。

そんな皆さんの憂鬱を払拭し、少しでも背中を押す手助けになれればと思い、基本的な受診の流れや注意点をまとめてみました。

女性には子宮や卵巣、乳房など、男性にはない臓器や器官があり、それにともなう生理トラブルや、女性特有の病気があります。年代ごとに注意しなくてはならない病気もあります。その他、かかりやすい病気にだって男女間での違いがあります。
それらを診断し、原因の解明、的確なアドバイスを行えるのは、やはり産婦人科が最適であろうと思います。
また、女性の一生で起こりうる体と心の変化としっかり向き合い、問題解決のお手伝いをすることこそ産婦人科の本分であると考えます。

自分の健康は自分自身で守る!

産婦人科はそんなあなたの心強いパートナーです。
まずは親しい友達に会いに行くように、軽い気持ちでお越し下さい。


はじめの一歩

message2.jpg

さとみクリニックは受診の際、予約は不要です。
お時間のあるときにでも直接来ていただければ結構なのですが、もしも気になる点、事前にお聞きになりたい事などございましたら、お気軽にお問い合わせください。お電話とメールにて承ります。

あとはあなたが気持ちとその足を、一歩前へと踏み出すだけです。


より正確な診断のためのご提案

ここで産婦人科受診前のご準備や、ちょっとした注意点などを挙げてみたいと思います。
お仕事帰りやお買い物の合間、体調が急変された場合など、来院のシチュエーションは様々でしょうし、これから挙げることは絶対ではありません。あくまで豆知識としてご覧ください。

お風呂やシャワーは?

もちろん普段どおり入浴して大丈夫ですが、体の洗い方について注意点が…。
診察前だからといって、膣の中まで必要以上に洗わないことです。
おりものや分泌物、感染している菌の検査など行う際に、正しい結果が出ない場合があります。
外陰部をきれいにしておく程度に留めましょう。

カミソリ負けの恐れのあるデリケートゾーンのお手入れや、受診前日のセックスも避けた方が無難です。

当日の服装は?

内診(※外陰部や膣、子宮や卵巣の状態を、目で見たり触ったりして調べる検査)が必要な場合、下着を脱いだ状態で診察するので、脱ぎ着しやすい服装がベターです。
和服や補正下着など、着脱に手間が掛かるものはあまり向いていないと言えるでしょう。

また、妊婦健診を受けられる方や貧血が疑われる方の場合は、顔色や唇の色も診断材料となります。
控えめのナチュラルメイクを心がけましょう。

持っていく物は?

基礎体温をつけている方は基礎体温表をお持ちください。
月経の周期や日々のホルモン分泌の変化、排卵がうまく起きているかどうかなど、より正確でスムーズな診察に必要なヒントが散りばめられています。

他院での検査結果やお薬手帳などもお持ちでしたらご持参ください。
症状の原因の特定や、新たにお薬を処方する際、飲み合わせによる副作用の予防に役立ちます。

まずは受付

message3.jpg

初めての方にはまず診察カードをお作りします。
ご住所・ご連絡先を専用の用紙にご記入いただき、保険証のご確認をさせていただいております。

※当クリニックでは適正な保険請求を行うため、毎月初めの受診日には保険証のご提示をお願い致しております。何卒皆さまのご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

また、保険証の切り替えや負担割合の変更があった場合など、受付までお知らせください。

また、いきいき受診券や妊婦健診の受診票、他院からの紹介状などお持ちの方は、一緒にお出しください。

ご記入いただいた内容や保険情報を登録している間、当日受診の目的や相談したいこと、これまでの月経歴や妊娠歴など、問診票のご記入をいただきます。
正直答えにくい質問もあると思いますが、できるだけ正直に、正確に、具体的にご記入いただくことが問題解決への近道です。秘密は絶対に守られます。

問診票のご記入が終わられましたら受付までご提出いただき、しばらく待合室にてお待ちいただきます。
その間お茶やコーヒーなどお飲みになりながら、リラックスしてお過ごしください。

※砂糖やミルクは血液や尿の検査に影響をおよぼす場合がございます。検査前にご使用希望の際は、スタッフまでお問い合わせください。

なるべくお待たせしない診療を心掛けておりますが、ご気分の悪い方や長時間お待ちの方は遠慮なくお申し出ください。


お次は問診室

message4.jpg

しばらくすると看護師がお呼びに参ります。
その際診療内容により、受付の順番とお呼びする順番が前後する場合がございますので、ご了承ください。
一緒に問診室へお越しいただき、看護師より当日の診察の流れのご説明や、ご記入いただいた問診票をもとにご質問させていただきます。
逆に気になる点や不安に思っていることなど、なんでもお気軽にご相談ください。

ここでは必要に応じて、身長・体重や血圧の測定、採血や注射が行われます。
尿検査は専用の容器をお渡ししますので、お手洗いで採尿いただき、専用の小窓からご提出ください。
ここまで終わられたら一旦ご退室いただき、少しの間お待ちいただきます。


いよいよ診察室!

message5.jpg

再度声をお掛けしますので、診察室にお入りいただき、いよいよ医師による診察開始です。
問診票や看護師からの申し送り、直接一対一でじっくりお話を伺うことで、検査の方法や治療の方針を一緒に決定していきます。
実はこの“一緒に”というところが肝心です!
産婦人科は女性の体と心の強い味方です。知識と経験、受診者様のライフスタイルなど考慮の上、総合的に判断し、最適な医療の提供に最善を尽くします。

しかしそれは、医師や看護師、医療側のスタッフだけでは決して成し遂げられません。
なによりも、受診者様が打ち明けられない不安や痛み、上手く言葉にならない小さな声こそが、答えを導き出す為の重要なパスワードです。
産婦人科に限らず、クリニックとはつまり、“受診者様”と“医療”とを結ぶ架け橋です。

私たちはいつだってあなたのすぐ近くにいます。
恐れることなく、一緒にその橋を渡って行きましょう。


そしてついに…

message6.jpg

そうです、産婦人科といえば内診台!
ある意味、これがいちばん産婦人科受診のハードルを上げている気がします。

知らない方の為に簡単にご説明を…。
外観は、歯医者の診察台や、美容院のシャンプー台をイメージしてもらえばいいと思います。
同じように、上昇・下降、回転、リクライニングの機能が付いています。
それらの台とのいちばんの違いは、「足を置く場所が両側に開き、大きく開脚する機能がある」ということです。とにかくこれが産婦人科の“怖い”や“恥ずかしい”に直結している気がします。

もちろんこれら数々の機能には合理的な理由があり、産婦人科の主要な診察方法である内診(※外陰部や膣、子宮や卵巣の状態を目で見たり触ったりして調べる検査)だけでなく、受診者のプライバシーや妊娠中の体形の変化にもきちんと配慮がなされています。
内診は産婦人科受診の際、必ず行われるわけではありませんが、子宮がん検診や妊婦健診など、避けては通れない場面も多々ございます。

ちょっぴり勇気を出して受けてみると、意外とあっさり終わります。
百聞は一見にしかず! 一度体験してみて、内診への苦手意識を克服しましょう!


再び受付へ

message7.jpg

すべての診察が終わられましたら、診察カードの入ったクリアーファイルをお渡ししますので、そのまま受付までご提出ください。間もなくお会計と共に診察カードのご返却、領収書と診療明細書の発行、お薬が出る場合は処方箋までお渡しいたします。

さとみクリニックでは現在、クレジットカードやデビットカードでの決済には対応いたしておりません。
ご面倒お掛けしますが、現金でのお支払いにご協力ください。
おつかれさまでした。手荷物をお確かめの上、お気をつけてお帰りください!

簡単ではありますが、以上が診察の基本的な流れとなります。
まずはお悩みの症状や、さとみクリニックの診療内容など、お電話ででもお問い合わせください。
それこそが“コワイ”を“ミカタ”に変える第一歩です。

さとみクリニックは女性のミカタ!